CRC(治験コーディネーター)の求人・転職支援サービスのCRCJOB

初めてCRCへの転職を目指す方へ所持資格別にアドバイス

初めてCRCへの転職を目指す方へ所持資格別にアドバイス

CRC(治験コーディネーター)を目指す、治験業界未経験の看護師・准看護師、臨床検査技師・薬剤師・管理栄養士等、医療系資格毎に役立つ転職アドバイスをまとめております。
CRCへの転職におけるメリットやデメリットをはじめ、必要な心構えや転職市場などを、それぞれ医療系資格毎にページをご用意し、詳しく解説。未経験の方にもわかりやすいコメントで説明しています。

所持資格・経験別の転職アドバイス

CRCを目指す方へのオススメ記事

看護師/准看護師の転職アドバイス

看護師・准看護師は、CRCの職種ができる前までは、看護師がCRC業務も兼任していたこともあり、CRC職に一番馴染みやすい職種であり、内定取得率も比較的高い資格です。
しかし、看護師や准看護師の懸念となるポイントもございます。懸念となる対策も含めて、看護師・准看護師がCRCへ目指すうえでのアドバイスです。

看護師/准看護師の転職アドバイス

臨床検査技師の転職アドバイス

臨床検査技師はCRCへ転職する上で、看護師や薬剤師に比べると不利ですが、看護師や薬剤師に比べるとCRC職の定着率も良い資格のようです。また臨床検査技師が活かせるスキルもあり、そのことを理解があるかどうかで転職活動の合否にも関わってきます。臨床検査技師がCRCへ転職する際に抑えておきたいポイントについて解説しております。

臨床検査技師の転職アドバイス

管理栄養士の転職アドバイス

管理栄養士は、CRCに転職する上で、他医療系資格と比べ、不利となる資格です。CRCへの転職においても、受験できるSMO企業数が限られてまいります。しかし、その一方、有利となる医療現場における患者さんへの栄養指導の経験やカルテ判読スキルが活かせます。管理栄養士がCRCへ転職した際のメリットやデメリットをはじめ、PRするポイントなどを含めて丁寧に解説しております。

管理栄養士の転職アドバイス

薬剤師の転職アドバイス

薬剤師は各種薬剤の基本的な知識(名称、用法、作用機序等)をもっている薬剤師は、新薬への理解も早く、治験の意図も把握しやすいといわれています。その一方、薬剤師がCRCへ転職する際に不利となるケースもございます。薬剤師がCRCへ転職する際のメリットやデメリットを詳しく解説しております。

薬剤師の転職アドバイス

CRC経験者の転職アドバイス

CRC経験者は、SMO企業におけるCRCへの転職にて、
最も有利となります。しかしその一方、注意したいポイントもございます。CRCを院内で経験した場合とSMO企業でのご経験となるかによって、立ち位置が変わってまいります。CRCが転職するうえで、気を付けたいポイントを解説しております。

CRC経験者の転職アドバイス

MR経験者の転職アドバイス

MR経験者は、SMO企業におけるCRCへの転職にて、MRを受け入れるSMO企業が増えてきております。その反面、MRからCRCへの転職で厳しく求められる事柄もございます。MRが求められることをはじめとして、履歴書や職務経歴書で作成するうえで悩まれるポイントに対する解決策や面接対策についても詳しく解説しております。

MR経験者の転職アドバイス

臨床心理士の転職アドバイス

臨床心理士はCRCにおいて、医療コーディネート業務やカウンセリングの経験が活かせます。このページでは、臨床心理士の方が治験コーディネーターを目指すにあたり必要となる求人状況をはじめ、メリットとデメリットや臨床心理士のご経験がどのように活かせるか、転職後の平均年収、応募書類や面接対策、退職における注意点といったCRCへ転職するうえで必要な情報をまとめております。

臨床心理士の方は、このページをお読みになれば、治験コーディネーターへの転職における必要なことが理解できます。

臨床心理士の転職アドバイス

臨床工学技士の転職アドバイス

臨床工学技士はCRCにおいて、透析の知識やカルテ判読、医師とのやりとりの経験が活かせます。このページでは、臨床工学技士が治験コーディネーターを目指すにあたり必要となる求人状況をはじめ、転職した際のメリットとデメリット、応募書類の書き方のアドバイス、転職に向いている人と向いていない人について、臨床工学技士が転職に必要なうえでの情報をまとめております。

臨床工学技士の方は、このページをお読みになれば、治験コーディネーターへの転職における必要なことが理解できるようになります。

臨床工学技士の転職アドバイス

臨床開発モニター(CRA)の転職アドバイス

臨床開発モニター(CRA)は、CRC経験者の次に転職の有利な経験となります。臨床開発モニター(CRA)の経験があれば、医療系資格の有無は問われないところが多いようです。
しかし、臨床開発モニター(CRA)の場合、給与が下がるといった懸念となるポイントもございます。懸念となる対策も含めて、CRCへ目指すうえでのアドバイスをしております。

臨床開発モニター(CRA)の転職アドバイス

CRCへの転職向け面接対策

治験コーディネーターへの面接対策についてです。これまでに年間100件以上の面接で聞かれた質問をまとめてみますと大体、同じような質問内容になります。

また持たれている資格は全く関係ないとはいいませんが、それほど聞かれる質問内容について、大きな違いはございません。

そこで、この面接対策ページでは、返答例のご紹介を交えながら、面接ではどのような質問があり、どう返答すればよいのか。という回答するためのコツを踏まえて、面接準備についてのヒントをお伝えします。

治験コーディネーターの面接対策

CRCに転職する際の年齢の傾向

治験コーディネーターに転職に成功している年齢の傾向についてです。求人募集を出している各SMO企業において、求める年齢層と実際に未経験から治験コーディネーターに転職できた年齢について、お伝えしております。

一般的には、未経験の場合ですと、35歳前後を目安にしていることが多いのですが、この年齢を超えても実際は、転職に成功している事例は多数ございます。

そこで、このページでは、どのようなご準備をすればいいのか、年代別に交えて解説しています。

CRCに転職する際の年齢の傾向

CRCに転職が決まったあとの退職手続き

治験コーディネーターへ転職活動で内定を頂いた後における現職の退職の手続きと交渉におけるアドバイスはこちらから。退職の申し出において気を付けたいことや退職の申し出をするタイミングについて、詳しく解説しております。退職準備にお悩みでしたら、こちらの記事を読めば解決しますよ。

CRCに転職が決まったあとの退職手続き

2019年4月から転職するには

2019年4月から転職するには、いつ頃から転職活動を開始すればよいでしょうか。一般的には入社時期の3か月前からということを聞きますが、来年4月という場合は転職活動としては少し遅いかもしれません。そこでここでは2019年4月に入社するにはいつから転職活動をしたらいいのか、転職活動のスケジュール間について、詳しく説明します。

2019年4月から転職するには

治験専任コンサルタントよりアドバイス

「CRCJOB」を運営しております株式会社SEプラス内での治験専任コンサルタントが日々の治験業界への転職支援において、感じたことや気を付けたいことを通常の記事とは別にご紹介しております。治験専任コンサルタントがどのようなサポートやアドバイスを行っているのかが知れることはもちろん、「CRCJOB」内のそれぞれの記事内の補足的な情報も多数含まれておりますので、もう少し詳しく転職情報を収集したい方にピッタリです

治験専任コンサルタントよりアドバイス

【無料】転職サポートに申し込む

ページのトップへ