CRC(治験コーディネーター)の求人・転職支援サービスのCRCJOB

CRCを目指す臨床工学技士向けの職務経歴書と自己PRの書き方

CRCを目指す臨床工学技士向けの職務経歴書と自己PRの書き方

臨床工学技士の職務経歴書の書き方についてです。職務経歴書の書き方は、職務経歴要約、職務経歴詳細、資格、自己PRの順番にA4用紙2枚程度で収めるように書いていきます。

職務経歴書の書き方全般については、臨床工学技士専門のサイト『臨床工学技士JOB』で詳しく解説しておりますので、そちらをご参照ください。

臨床工学技士の職務経歴書の書き方

このページでは、臨床工学技士が初めてCRC(治験コーディネーター)へ転職活動をするうえで、一番悩まれる自己PRの書き方を中心にお伝えしますので、自己PRの書き方で悩みがなくなりますよ。

自己PRの書き方

臨床工学技士の職務経歴書における自己PRの書き方ですが、まず文字数としましては、400~500文字を目安にするとよいでしょう。Wordファイルで作成するのであれば、10行程度となります。

では、どのようなことを書いていけばよいのでしょうか。

これは、今までの経験やご自身の性格面、長所からCRCとしてどのように活躍できるのか。ということを具体的に書いていくと熱意の伝わりやすい自己PRが完成します。

これだけを頼りに自己PRを作成するとなるとなかなか大変ですので、どう書いたらよいかということを具体的にお伝えします。

まず、ご自身がアピールしたい事柄を3つほど挙げてみましょう。これは経験ということでも構いませんし、性格や長所という点からでも問題ございません。

例を挙げますと、透析経験、医師とのやりとり、カルテ判読、透析新薬における勉強会参加などが挙げられます。

次に性格や長所という面で挙げる場合の例ですと、向上心、粘り強さ、コミュニケーション力、トラブル対応力などが挙げられます。

では、ここでは透析経験、医師とのやりとり、向上心を例に自己PRのサンプルを作成していきます。

透析経験

透析経験では、穿刺とバイタルチェックなどの看護業務、透析業務や機械室の管理、治療中のトラブル対応、透析薬管理などが挙げられると思います。この経験からCRCとして働いたときにどのように活かせるかということを書いていきます。

サンプル

これまで、臨床工学技士として透析業務に従事してきた際、穿刺とバイタルチェックなどの看護業務に携わっており、臨床現場で活躍するCRCでもスムーズに業務に入れるものと考えております。カルテの判読も問題ございません。

医師とのやりとり

臨床工学技士の場合、透析業務をはじめ、オペ業務などでも医師とかかわる機会が多い職業だと思います。この経験からCRCとして働いたときにどのように活かせるかということを書きます。

サンプル

また、現職では医師や看護師との連携はもちろんのこと、一つ一つの作業を迅速かつ正確に行うため、確認を徹底しており、患者様の検査データにより条件やダイアライザー(人工腎臓)変更などをDrに依頼や提案もしてきました。医師や医療従事者とのやりとりが多いCRCでもこの経験は活かせるものと考えております。

向上心

最後にご自身の長所の例として、向上心を挙げてみます。長所を例に挙げる時は仕事におけるエピソードも交えるとよりわかりやすい内容となります。

サンプル

私自身、日々の知識の向上することには積極的に行っております。現職での患者様に、より良い治療法を提案するため新薬使用時などは製薬会社による勉強会に参加し理解・把握することで安全に服用できるように、またQOLの向上に努めてきました。CRCもGCPや新薬、病床など覚えなければならないことも多々ありますが、積極的に自己研鑽につとめ、いち早く一人前のCRCとして活躍できるよう努めます。

上記の3つの例を合わせますと、このような自己PRが完成します。

これまで、臨床工学技士として透析業務に従事してきた際、穿刺とバイタルチェックなどの看護業務に携わっており、臨床現場で活躍するCRCでもスムーズに業務に入れるものと考えております。カルテの判読も問題ございません。

また、現職では医師や看護師との連携はもちろんのこと、一つ一つの作業を迅速かつ正確に行うため、確認を徹底しており、患者様の検査データにより条件やダイアライザー(人工腎臓)変更などをDrに依頼や提案もしてきました。医師や医療従事者とのやりとりが多いCRCでもこの経験は活かせるものと考えております。

私自身、日々の知識の向上することには積極的に行っております。現職での患者様に、より良い治療法を提案するため新薬使用時などは製薬会社による勉強会に参加し理解・把握することで安全に服用できるように、またQOLの向上に努めてきました。CRCもGCPや新薬、病床など覚えなければならないことも多々ありますが、積極的に自己研鑽につとめ、いち早く一人前のCRCとして活躍できるよう努めます。

※467文字。

上記の例をもとに是非、ご自身のオリジナリティーの溢れた自己PRを作成してみましょう。

職務経歴書の作成においてスマートフォンしかお持ちでない場合

職務経歴書の作成はできましたら、パソコンでの作成が望ましいです。しかし、最近はスマホしかお持ちで無い方も増えてきております。

ご自宅にスマホしかない。そんな場合はスマホだけで職務経歴書の作成が完結する職務経歴書の自動作成PDFをご利用ください。

職務経歴書作成に必要な項目をスマホで入力していくだけで、簡単に立派な職務経歴書が完成します。スマホだけ求人応募に必要な書類が作成できる求人サイトはCRCJOBだけです。職務経歴書作成だけでしたら、個人情報の入力も不要ですので、お気軽にどうぞ。

スマホで簡単!職務経歴書作成ツール

職務経歴書の書き方に迷ったら・・

それでも職務経歴書の書き方がわからない、作成した職務経歴書に自信がない・・そんな臨床工学技士の方には、無料で個別に職務経歴書の添削や書き方のアドバイスを行っております。 ご希望の際は、下記の職務経歴書添削申込からお申込ください。

ご登録の際、ご要望欄に職務経歴書書き方アドバイス希望とご記載頂けますと話がスムーズに進みます。

特に病院から企業への転職は、未経験からの応募になるので、なぜCRCとして働きたいのかを明確にする必要がございます。 CRCJOBでは、無料登録すると職務経歴書の自己PRの書き方を個別に教えておりますので、是非ご活用ください。

【無料】登録して応募書類について相談する

ページのトップへ