CRC(治験コーディネーター)の求人・転職支援サービスのCRCJOB

CRCへの転職を希望する臨床心理士からよくある質問

ヘッダー

CRCへの転職を希望する臨床心理士からよくある質問

臨床心理士からよくある質問(Q&A)

Q1)臨床心理士が活かせる経験や知識とはどのようなものでしょうか

カルテ判読

CRC(治験コーディネーター)はカルテから情報を読み取り、被験者へ病状の確認・服薬状況などの確認を行います。時には、処方薬の処方理由や疾患の診断理由を医師に確認します。
そのため、カルテの判読経験は選考にもかかわってくる重要な経験です。

医師とのやりとり

医師によってベストなタイミングや対応方法が異なる為、苦手と感じることが多いのですが、臨床心理士としての業務経験があれば問題ありません。
SMOの社員として医師に依頼や指摘をすることもありますので、医師とのやりとりした経験を活かすことができます。

カウンセリング経験

被験者(患者)さんは市場に出ていない薬を服用するということに不安を抱いている方が多くいらっしゃいます。
そんな心理状態の中で、CRCとして適した声掛けや対応をすることが求められます。
臨床心理士として患者様のカウンセリングを行った経験が活かせます。

臨床心理士としての知識

特に精神科領域の知識は新薬開発も進んでいる為、全般の知識を活かすことができます。
近年、企業側の採用ニーズが高まっているのも精神科領域に需要があることも背景にあります。

Q2)医療機関の経験がなくても応募はできますか?

応募出来ないことが殆どと考えたほうが良いです。
稀に医療系の資格を保有していれば応募可能という中小企業がございますが、こういった求人は殆ど出てきません。
CRCが医療機関で働くという仕事の特性上、医療機関での立ち回りや知識が求められてきます。
もし、医療機関での就業経験がない場合は、まずはカルテ判読や知識をはじめとした経験を積み、それからCRCへの転職を考えることをお勧めします。

Q3)CRCに転職して良かった点はなんですか

  • 新薬開発に携われることで社会貢献度が高い
  • 症例を集めるゴールがあり、やりがいを感じられやすい

Q4)CRCに転職して苦労したことはなんですか

  • 臨床心理士という立場での本格的なカウンセリングができない
  • 業者という立場が慣れない
    これまで医療機関で就業されていらした場合、SMOの立場として「外部の人間」と接されることに違和感を覚える方も多いです。
  • PC業務が多い
    報告書やデータ入力など被験者(患者)さんの対応以上にPCでの書類作成業務が多いのが特徴。
    併せて、自己裁量で進めるお仕事の為、業務管理能力も必要になります。

Q5)CRCに転職してやりがいを感じるところはどこですか

  • 新薬の効果、経過を追える
    治験薬の経過をデータとして追うことが仕事になります。臨床心理士としてはカウンセリングが治療法の中心になる為、効果が見える薬の経過を追うことにやりがいと面白みを感じられます。
  • 様々な疾患、治療を必要な患者さんと携われる
    精神科領域以外にも生活習慣病、透析、がん、内分泌系など試験毎に患者さんが異なる為、新鮮な気持ちで仕事をすることができます。

Q6)病院やクリニックで働く臨床心理士の違いはなんですか

データを収集するという目的の違い

患者さんのカウンセリングを行う臨床心理士ですが、CRCは「新薬のデータを収集する」という最終的な目的が大きく異なります。
臨床心理士が行うカウンセリングとCRCが行う被験者対応、似ている仕事内容でも目的が異なるという点は抑えておきましょう。

CRC/CRAへの転職にとても興味がある方へ

治験業界専門の実績豊富なアドバイザーが無料で相談に乗ります。転職成功で3万円のお祝い金アリ!どうぞお気軽にお申し込みください。
【申込特典】元CRCの転職アドバイザーによる、CRCの事が良く分かるセミナー動画を希望者全員にプレゼント!

【無料】転職サポートに申し込む

CRCの事を知りたいなら
『CRCJOB通信』がオススメ!

  • CRCの事を、無理なく自然と理解できる!
  • 新着求人や、最新のCRCへの転職成功事例が分かる!
  • 現職に留まるべきか、CRCに転職すべきか、その答えが見つかる!
希少な「CRC×転職」の専門メールマガジン

ページのトップへ