CRC(治験コーディネーター)の求人・転職支援サービスのCRCJOB

CRCの面接時に求められる基本マナー

CRCの面接時に求められる基本マナー

CRCの面接時に求められる基本マナー

CRC(治験コーディネーター)の面接では基本的なマナーの有無もチェックされております。

医療機関での就業経験しかない場合、このようなビジネスマナーに対して不安に思われていることも多いと思います。

面接時の評価は、話す言葉よりも見た目のほうが相手に与える印象は大きいようです。そこで今回は面接時に準備しておきたいビジネスマナーについて、面接前、面接時、面接終了後にわけて詳しく解説します。

これからCRCへの転職に伴う面接が控えておりましたら、ご参考ください。

面接前

まず面接前日までに次のことを事前に確認しておきましょう。

  • 担当者の所属部署名、名前、面接場所を確認
  • 携行品、服装の準備

携行品は履歴書、職務経歴書をコピーして、無地のクリアファイルに入れて持参(封筒はあってもなくてもOKです)

服装について

服装の準備:男性、女性によって服装が異なります。


男性の場合

mens01
  • スーツ:黒やネイビー系
  • シャツ:白
  • ネクタイ:華美な柄、色ではないもの。ストライプや細かいドット、無地が好印象です。
  • 靴:ビジネス用の靴で黒、暗めの茶色でも可。きちんと磨いて行きましょう
  • 靴下:華美な柄でない、黒やネイビーが無難。
  • バック:黒、ネイビーなど暗めの色でA4サイズが入るビジネスバッグが良いです。

  • 髪:短髪で黒髪が好まれます。適度に整えたほうが良いです。


女性の場合

woman05
  • スーツ:黒やネイビー系
  • インナー:白のシャツやカットソーでもOKです。
  • 髪:色は黒や暗めの茶色が良いです。髪型はお辞儀をした時や面接中に邪魔にならない髪型にします。
    面接中に顔が隠れてしまうなどで、髪を触るようになるのであれば、事前に結んでいきましょう。

  • メイク:ナチュラルなものが好まれます。アイラインは目尻を跳ねさせずに引き、アイシャドウはブラウン、オレンジ、ピンク系が良いでしょう。
    また、リップは淡いオレンジやピンク系が良いです。赤は避けましょう。

  • アクセサリー:ネックレスやピアス、イヤリングは付けずに臨みましょう。
  • 靴:黒のパンプスが望ましいが、シンプルなパンプスでも可。ヒールは5センチまでがベストで、ヒールが細いものは避けましょう

  • ストッキング:肌の色に合ったものを選びます。履き慣れていない場合は、予備も持参します。

  • 鞄:黒、ネイビーなど暗めの色でA4サイズが入るビジネスバッグが良いです。

  • ネイル:しないほうが好印象です。長い場合は、整えていくと良いです。
  • 香水:面接の場では避けましょう。面接会場は仕切られた会議室等で実施することが多い為、香りに敏感な方は、気にされるケースがあります。

面接実施時

  • 改めて、担当者の所属部署名、名前、面接場所を確認
  • 余裕を持って到着するよう、5分前後~10分前位がベスト
  • 受付の際には名前、約束時間、目的、訪問先の担当者名を伝えます。
    例:「**と申します。本日16時からの面接で伺いました。人事部の●●様はいらっしゃいますでしょうか。」

それでは礼儀作法や挨拶について、ご案内します。

ビルに入るまで

  • 冬はオフィスがあるビルに入るときに脱ぎます。
  • ある程度綺麗に畳んで、手で持ってから入ります。

望ましい例


望ましくない例

  • NG:コートを着たまま、エレベーターに乗るのは×
  • NG:ロビーで脱ぎ、綺麗に畳んでから入りましょう

オフィスの受付

  • 無人の受付に受話器のみが置いてある企業がほとんどです
  • 受付を済ますのは面接開始5~10分前が望ましいです

望ましい例


望ましくない例

  • NG:訪問時間が早い(13:30と20分も早い)
  • NG:コートを着たまま訪問している

部屋に通されたら

  • 手前(下座)に座る、もし奥の席にどうぞと言われたら奥の席(上座)でもOK
  • 部屋に通された方が面接官を呼んでくるまで退室された場合は、できる限り席に座らずに待つ。
  • もし、おかけくださいと言われたら、退室される際に一度起立してお礼を言い、着席して待ちましょう。

面接官が入ってきたら

  • ノックされたら、一度起立
  • 「**と申します。本日は宜しくお願いいたします。」と起立して挨拶
  • 面接官が座ったら、着席。どうぞおかけくださいと言われたら、面接官よりも先に着席してもOK

望ましい例


望ましくない例

  • NG:座ったまま挨拶をしている
  • NG:コートを着たまま訪問している

面接中

  • 動作、姿勢は常に見られているものと意識しましょう。
  • 手は膝の上に置いて、落ち着いて話をするように心がけましょう
  • もちろん、回答の際に自然なジェスチャーで手が動くことは問題ありません
  • 椅子には深く腰を掛けるか、浅く腰を掛けます
  • ただし、どちらの場合も背筋を伸ばして姿勢を良くすることが大切
    背筋が丸まってしまうと、声が通らないことや自信がなさそうに見えてしまいます
  • 視線:相手の目を見るのがベストですが、両目を見ることで相手が威圧感を抱くことがあります。
    その為、相手の片目だけ、もしくは鼻のあたりを見ると柔らかい視線になり、好印象です。
  • 表情:なるべく柔らかい表情で話しができるように心がけましょう。
    面接の場合、緊張して表情が強張ってしまうことがありますので、普段通りの表情を意識することが大切です。
    CRCの仕事は、初対面である方と関わる機会が非常に多いです。担当医療機関の医師や職員はもちろんのこと、被験者にも良い印象を持っていただく為にも、表情は非常に大切です。

面接時における自己紹介の望ましい例


面接時における自己紹介の望ましくない例

  • NG:目線を合わせていない
  • NG:話をしているときに髪をいじっている

面接終了後

  • 面接の部屋を出る場合:面接官よりも先に部屋を出る場合、部屋を出る際に、一礼してから退出します。
  • また、冬の場合は、服装にも注意。面接が終了したからといって、まだコートを着用してはいけません。
  • 面接官によっては「寒いのでここでコートを着ていってください」とお声掛けされることもありますので、その際には、着用してOKです。
  • エレベーターに乗る際:面接官が見送ってくださる場合があります。
  • その際には、改めて面接のお礼をお伝えし、エレベーターに乗ります。エレベーターに乗りドアが閉まる際には、しっかり一礼をしましょう。
  • ドアが完全に閉まったら、元の姿勢に戻ってOKです。

エレベーターへのお見送り時における望ましい対応例

  • ビルを出るまで:オフィスが入るビルを出るまでが面接と思って意識しましょう。
  • 冬の場合は、ビルのロビー等でコートを着用してOKです。

今日のまとめをする

面接時に出た話や内容をまとめておくことが大切です。
特に、面接が複数回ある場合については「1次面接で~~という話が出たと思いますが」と前回の面接を振り返って話が出ることがあります。振り返ってみることによって、気になる点や不明な点を洗い出すことができ、次回の面接で確認するこということにも役立てられます。

【無料】転職サポートに申し込む

併せて読みたい記事や情報

ページのトップへ