CRC(治験コーディネーター)の求人・転職支援サービスのCRCJOB採用担当の方はこちら

臨床検査技師向け!CRCになるための履歴書の書き方

臨床検査技師の履歴書の書き方

臨床検査技師向け!CRCになるための履歴書見本について

履歴書(臨床検査技師見本表) ヘッダー

臨床検査技師の履歴書見本ダウンロードはこちら ※EXCELファイルで開きます。

臨床検査技師向け!CRCになるための履歴書の書き方(学歴・職歴部分)

説明

1)学歴

履歴書の学歴は一般的には中学校卒業もしくは高校入学から書き始めます。学校名は正式名称にて書く必要がございますので公式HPでしっかり調べてから記載しましょう。 海外への留学、一度学校を卒業の後、再度別の学校などに通われた際も必ず記載してください。当然ながら入学や卒業の年月日は間違えのないように注意ください。

2)職歴

履歴書の職歴欄は簡潔に、入職、退職、異動などのみ記載します。退職理由や詳しい職務内容は職務経歴書に記載しましょう。退職の記載時、「施設名 退職」のみにするか、自己都合か会社都合か書くか悩むところですが、大半が自己都合だと思いますので、会社都合でない限りはあえて書かなくても問題ありません。
その他の注意点としましては、経歴を端折らないようにしましょう。1週間、1カ月でも正職員として勤務した場合は、必ず記載しましょう。早期退職した過去や、職歴が増えることで選考が不利になる可能性はありますが、経歴を端折り、経歴詐称と判断されるほうがリスクが高いです。(保険の加入歴などで必ずバレます)但し、1ヶ月以内の短期バイトや派遣も、可能であれば記載しましょう。(**年*月~*月 短期バイト、と記載をまとめてもOKです。)
賞罰に関しては、無ければ無しと記載してください。もし国や県などから表彰を受けた経歴、刑事罰を受けた経歴のある方は履歴書に記載してください。

臨床検査技師向け!CRCになるための履歴書の書き方(志望動機)

説明

1)志望動機

■文字数:200~300字程度
(これはNG!)

    • 100字以下:少なすぎると志望意欲がないと見られてしまいます。
    • 300字以上:読み手側が負担になってしまいます。言い回しなど、見直しましょう。
    ■構成内容
    • 結論:治験コーディネーターや治験業界に関心を持った理由を書きます。
    • 会社の志望動機(端的に):会社の特徴を踏まえて、なぜ志望したのか簡単に述べます。
    • 入社後の目標:将来的にどうなっていきたいか、まとめとして記載します。

    きっかけは様々だと思いますが、興味を持ち、キャリアチェンジしてまでCRCになりたいと思った想いも書けるとベストです。また、SMOは複数社あり、2~3年臨床検査技師経験があればだいたいのSMOに応募ができます。そんな中であえてその企業に応募する理由、面接官はそれを知りたがっています。企業研究をしっかり行って、「だったらうち以外でも良いですよね」と言われないよう志望動機を作りこんでいきましょう。
    入社後の展望について、臨床検査技師の場合、検体検査経験、生理機能検査経験、患者様への検査案内・検査説明経験、他職種との連携経験が活かせます。これまでの経験を客観的に把握し、何がどうCRCで役立つか、分析しましょう。

    CRCで活かせる臨床検査技師の知識や経験

    • 検査値の判読経験
    • 医師や医療従事者とのコミュニケーション
    • 患者様とのコミュニケーション
    • カルテ判読経験
    • 医療知識
    • 医療機関での立ち回り経験

臨床検査技師からCRCを目指す方向けの志望動機の書き方とコツ

概要:実際のサンプルを用いて解説していきます。

サンプル1:志望動機の基本

実際に治験業界で働いている方から、CRCの仕事内容を聞き、新薬開発に携われる事と患者様と直接コミュニケーションを図る事ができる点がとても魅力的に感じ、志望いたしました。
現職にてブランチラボの施設責任者を務めた経験により、他職種や施設間での調整と、様々な施設を担当してきた経験から検査値の判読経験が大いに役立つと考えております。
業界最大手である貴社で私自身のこれまでの経験を遺憾なく発揮し大きく貢献し、今後、CRCとして活躍していきたいと考えております。

→志望理由(結論)、活かせる経験、入社後の目標(展望)の順番で読み易い構成になっています。
治験業界からのご友人からお話で何に関心を持ったのか、またどんな経験を活かすことができるのか具体的に述べられています。

サンプル2:「会社の特徴」「将来性」に焦点を当てた例

現在の職場にて、疾患をお持ちで苦しんでいる患者様を目の当たりにし、新薬の重要性を実感し、新薬開発の過程に携われる治験コーディネーターの仕事に関心を持ちました。
貴社では、治験の中でも難易度の高いがん領域の治験受託実績が豊富のため、治験コーディネーターとして経験を豊富に積める点に魅力を感じました。
また、昨年合併し、将来的にさらに大規模な会社になることが見込まれ、業界としての成長性があることが志望した理由です。
今まで培ってきた臨床経験や知識を活かし、新しい分野でスキルアップしていきたいです。

→会社についての特徴を踏まえて、今後の将来性の面にも触れています。
会社の特徴以外にも伝えられることがあると良いです。

サンプル3:「仕事の特性」に焦点を当てた例

臨床検査技師として血液凝固検査を中心に検体検査に携わる中で、もっと人と関わって仕事がしたい、定められた手順に縛られるのみでなく柔軟な対応を求められる仕事がしたいと思うようになり、治験コーディネーターを志すようになりました。これまでに習得してまいりました検査値の判読力や検査関連の知識と、人とコミュニケーションを取ることが好きな自身の性格を活かせるものと考えております。
また、様々な知識を吸収し多くの人と関わる中で自身が成長することができる上に、新薬開発という新しい可能性の一助を担えることに大きな魅力を感じ、志望いたしました。

→現職で携わってきた仕事と比較し、「治験コーディネーターならこんなことが叶えられる」という志望動機を上手く纏められています。

スマートフォンをご覧の方にオススメ履歴書作成サービス

ご自宅にPCがなく、スマートフォンで閲覧している方にオススメしている履歴書作成サービスです。臨床検査技師がスマートフォンで完結できる履歴書作成サービスです。

スマホで簡単。履歴書作成はこちら

CRC/CRAへの転職にとても興味がある方へ

治験業界専門の実績豊富なアドバイザーが無料で相談に乗ります。どうぞお気軽にお申し込みください。
【申込特典】元CRCの転職アドバイザーによる、CRCの事が良く分かるセミナー動画を希望者全員にプレゼント!

【無料】応募書類について相談する

CRCの事を知りたいなら
『CRCJOB通信』がオススメ!

  • CRCの事を、無理なく自然と理解できる!
  • 新着求人や、最新のCRCへの転職成功事例が分かる!
  • 現職に留まるべきか、CRCに転職すべきか、その答えが見つかる!
希少な「CRC×転職」の専門メールマガジン

併せて読みたい記事や情報