CRC(治験コーディネーター)の求人・転職支援サービスのCRCJOB

CRCを目指す人に読んでほしい!元看護師のCRCと元CRCの転職コンサルタント 対談・インタビュー#2

CRCを目指す人に読んでほしい!
元看護師CRCと
元CRC転職コンサル
対談・インタビュー#2

更新

治験のおねいさん
(以下おねいさん)

大学病院病棟看護師5年→治験コーディネーターに転職。
2020年8月からアカウントを作ったにもかかわらず、リアルでユーモアあふれるツイートが人気で、すでにフォロワー約2400人!
「治験」でTwitterアカウント検索すると上位表示される、注目のアカウント。

CRCJOBの中の人
(以下CRCJOB)

新卒からCRCになり、約3年経験後転職エージェントに転職。
CRCの経験を活かしながら日々転職支援を行う、臨床検査技師免許・キャリアコンサルタント免許を持つ、異色の転職エージェント。

コロナをきっかけに、知名度の上がった“治験”という言葉。

その治験を支えるCRCという職種も、某ドラマで取り上げられるなどして(取り上げられ方は不本意であったが)以前より知れ渡るようになり、転職の選択肢に加える人も増えている。

が、大手転職支援サイトの上辺だけの売り文句に騙され、転職を失敗する人や「思ってたのと違った!」と転職後にミスマッチを感じる人は少なくはない。

現CRC(元看護師)と現転職エージェント(元CRC)が、さまざまな視点からCRCのこれまで、今、これからについて話していく対談記事第二弾。

もくじ

コロナ禍でCRCデビューして

CRCJOB)一番大事な質問しますね、CRCになってみてどうですか?私最初すごく心配してて、辞めちゃうかなって思ったんですよ。

おねいさん)私も辞めると思いました(笑)

CRCJOB)入社後に相談してくれた時のメモが残ってて

・同期に会えない
・真面目な雰囲気が合わない
・先輩の残業が多いのを見ていて不安
・ICロープレをやることになったけどコロナ禍で、先輩のICを見学できていない
・担当施設で「この子もまたすぐ辞めるでしょ」と言われた

支店や上司によっては、ちゃんとフォローをしてくれる職場も多いんですが…これ聞いた時、あまりに悪い条件が重なりすぎていて、終わった…と思いました。

おねいさん)(笑)本当に辞めようと思ってました。

CRCJOB)こんな良い人を、こんな悪い環境に置けるのもある意味才能だなと思ってました。

おねいさん)私の時はコロナ禍って言うのも大きく影響していたと思っていて、転職ってだけでストレスかかるのに、プライベートで友達に会えない、同期にも合えないで発散できる場がなくてでもストレスは日々溜まっていく…そこが大きかったですね。

CRCJOB)おねいさんはアウトプットできないのがストレスになるタイプですよね。

おねいさん)そうですね、施設のスタッフともコミュニケーションが無くて、担当メンバー(同じ会社のCRC)も真面目な人が多くて、お昼休み同じ時間に取ってご飯食べてても無言だったり、看護師時代にはない雰囲気の人達でした。

CRCJOB)でも、もうその人たちはいないんですよね?

おねいさん)そうですね、ほぼ総入れ替えになりました。入れ替えで仲の良い先輩ができたり、気の合う人が増えたので今は馴染めてます。当初は本当に合わない人しかいなくて、支店(会社)にも行かないし、同じ会社の人って言ったらその人たちしかいなくて、逃げ場がなくて、息抜きの場がないのがきつかったです。

CRCJOB)地獄ですね…。

おねいさん)施設のスタッフとも仲良くなるまではいかないし、「どうせすぐ辞めるでしょ」って言われてるし、可愛がられることもなく居心地が悪かったです。

CRCJOB)おお…。

おねいさん)ICロープレも、会ったことない先輩に自分でアポ取って、オンラインでやれって言われて。

※ICロープレ…インフォームドコンセント(IC)のロールプレイング

CRCJOB)言ってくる言ってくる(笑)

おねいさん)同意説明文書見せないで口頭でやるんですか?!って(笑)

CRCJOB)きついですね…私も思い当たる節があります。
※実はCRCJOBの中の人がいた会社とおねいさんの今いる会社は、同じ会社です。

おねいさん)ほんときつかったですね。

CRCJOB)そこで私を思い出してくれてよかったです。

おねいさん)言葉が悪いですが、この時CRCJOBさんに騙されたって思ったんですよ(笑)

CRCJOB)(笑)

おねいさん)すみません本当に(笑)

CRCJOB)いや、でもそうなりますこの環境なら。

おねいさん)たしか私、最初今の会社を受けるつもりがなくて、そこでCRCJOBさんが「ここも良いですよ~」って紹介してくれて受けて、自分でも良さそうだと思って入社したんですけど、なんか違うぞって(笑)

CRCJOB)(笑)

おねいさん)で、最初の上司が残業をすごいする人で。今になればその人だけだったんだなってわかるんですけど。毎日23時まで残ってる、仕事大好きな上司でそれしか見てなくて怖くなっちゃっいました。

CRCJOB)私の時もいましたね、残業が苦じゃない、わざわざ残業する人。

おねいさん)うんうん、仕事大好きなんでしょうね。

CRCJOB)なので、話を聞いて、「うわこれはやばいメンターに当たった」って思ってました。

おねいさん)ですよね、なのでCRCJOBさんからのメール全部見返して、残業こんなにあるなんて言ってなかったよな~って(笑)

CRCJOB)(笑)

おねいさん)ほんとすみません(笑)残業20時間/月くらい発生しますっていうのは、聞いていたので、20時間…そうかこれが20時間か…?と。

CRCJOB)頑張って自分を納得させてたんですね。

おねいさん)たしかにゼロじゃないよねって葛藤してました。でもCRCJOBさんにやっぱり相談したくて、電話しました。

CRCJOB)そんな状況でも電話してくれてありがとうございます。これ本当にすごくありがたいお話で、何か壁にぶち当たった時半分以上の人はそこで躓いて、相談せず辞めちゃうんですよ。

おねいさん)え!

CRCJOB)エリアとか入社したSMOにもよるんですけどね

おねいさん)なるほど。

CRCJOB)地方だと担当することになった施設までの通勤時間が遠いからとか、入職前に聞いていた担当施設じゃなかったとか、残業が聞いていたよりも多いとか、理由は様々ですが、
それであっさり辞めてしまう人もいます。

おねいさん)そんなことがあるなんて…。

CRCJOB)言い方が悪いですが、ガチャです。会社ガチャの次に支店(オフィス)・担当施設ガチャ、その次に上司ガチャです。会社と支店が良くても、上司が…てこともあるんです。

おねいさん)たしかに…。

CRCJOB)あと相性もありますよね、Aさんはこの上司と合うけどBさんは合わなくて上手くいかないとか。なので、Bさんから悪い話を聞いてもそれがすべての人に当てはまるかって言うと、そういうわけでもないので難しいんです。

おねいさん)あ~そうですよね~ほんとガチャですね。きついですね(笑)

CRCJOB)はい。
でもCRCに限らず、転職ってそういうものです。

おねいさん)私も最初は担当施設ハズレだなと思いましたけど、結局慣れましたね。半年経つと周りも認めてくれるので、それくらいから何も思わなくなりました。でも半年はまじでつらかったですね~。

転職して1カ月、最初にぶつかった壁は…

CRCJOB)1カ月が1つの山場で、次に3ヶ月、最後に6ヶ月ですよね。

おねいさん) 1カ月の時、たしかに「お…これは…つらいぞ…?」と思いました。

CRCJOB)どの辺でですか?

おねいさん)GCPのだるさ。

CRCJOB)(爆笑) まぁだるいです(笑)

おねいさん)あと薬理、だっると思いました(笑)
研修なのでやらなきゃいけないのはわかるんですけどね。

CRCJOB)新卒もやるんですよ、でもCRCになって役立ったかって言うと、別に?って感じだったので、研修全部が役立つわけではないですよね。薬理やるぐらいなら毎日GCPやってたほうが実際は役立ちます。

おねいさん)うん、そうかもしれないですね。

CRCJOB)CRCは何やるにしても、GCPとプロトコールをチェックするのでね~。

おねいさん)GCPの存在は転職前に知ってたんですけど、中身までは知らなくて、保助看法くらいものだと思ってたんですよ。

※保助看法(保健師助産師看護師法)…保健師・助産師および看護師の資質を向上し、もって医療および公衆衛生の普及向上を図ることを目的とする日本の法律である(Wikipedia参照

CRCJOB)そんなのがあるんですね。

おねいさん)看護師とは何か、みたいなことが書いてあって、習うけど仕事では特に使わないってものでそういうのかなと思ってたんですね、GCPのことを。

CRCJOB)なるほど。

おねいさん)でも実際はちがくて「こんなに法律に縛られるの?!まじか?!」とびっくりしました。

CRCJOB)良い事聞きました、皆さんに言っておきます。日本国憲法みたいなものだよ、と(笑)

おねいさん)でも日本国憲法は見ないので、もっと、なんだろう…。

CRCJOB)たしかに…普段から気を付けるってなると…
道路交通法?

おねいさん)あー!そっちのほうが近いかも。

CRCJOB)じゃあそれでいきます、道路交通法(笑)

おねいさん)の、もっと厳しくて難しいバージョン(笑)

CRCJOB)ガッチガチですもんね。

看護師時代とは違う、新人に戻った感覚

おねいさん)記録の重要性も最初の研修でやるじゃないですか。看護師の時と記録の立ち位置がちがくて。

CRCJOB)ほう。

おねいさん)看護師は電子カルテでバーッと書いて、記載内容について何も言われないんですよ。忙しいと数時間後にカルテ記載することもあるし、小さな誤記があっても分かれば修正するよう依頼がきたこともないし。
※おねいさんのいた病院の場合

CRCJOB)おお~。

おねいさん)CRCになって、ここまで記録記録と言われると思ってなくて、そこもかなり大変だと感じましたね。
入社3ヶ月経ったくらいに医師に署名をもらいに行き始めたんですが、私が付箋を貼り忘れて、1か所サイン貰い忘れたことがあって、そのためだけにもう1回サインをもらいにいかないといけないのが本当にめんどくさいと感じました。

CRCJOB)なるほど~。

おねいさん)看護師の時のギャップと言うか、やってみてわかった大変さですね。なんでここ訂正印じゃだめなの?!とか(笑)

CRCJOB)ありますね(笑)

おねいさん)医師にもへりくだらないといけないし。

CRCJOB)そのあたりどうですか?ストレス感じますか?

おねいさん)ストレスは無いんですが、強気で仕事をするっていうのが看護師をやってた5年間で刷り込まれていて、それが普通なので強気なつもりはなくて、でもそれがふとした時に出ちゃってて先輩に注意されたりします。

CRCJOB)おねいさんでもあるんですね。

おねいさん)看護師の時は強くいないと潰されちゃうので、先輩に対しても「それ間違えてますよ!」とか指摘してましたし、医師に対しても「なんでオーダー入れないんですか!」って言ってましたね。

CRCJOB)おお~。

おねいさん)患者さんが目の前にいて、命の危険が迫っている時間がない現場なので「恐れ入りますが」って言ってる時間が無くて、単刀直入に言わないと伝わらないみたいな世界だったんですよね。そうじゃないじゃないですか、CRCは。

CRCJOB)はい。

おねいさん)「こうだと思うんですが、いかがですか」じゃないですか。

CRCJOB)そうですね。

おねいさん)準備ができる時は良いんですよ、こう言おうって考えておけるので。でもふとした瞬間に何か聞かれて「違います!」って強く出てしまうことがあって、それで怒られたことは無いですが、CRCとしてベストな対応だったかというと微妙なところだよな…と。ここが大変に感じたところですね。

CRCJOB)なるほど、興味深い。私は新卒からだったので、医療機関で得たことのある立場って患者しかなかったんですよ。患者でも「医師より俺のが偉い」と思ってる人はいるかもしれないんですけど(笑)
私はどちらかと言うと、頭の良い医療のプロが私(患者)を治療”してくれてる”って認識だったので、CRCになって若干立場が上がったなって感じてて。なのでおねいさんが感じた大変なことを大変と感じることがなくて、そこが中途でキャリアチェンジした場合との違いかもしれないですね。

おねいさん)そうかもしれないですね。
あと、患者さんに「ここちょっと切っちゃったの~。」と言われ小さい傷を見せられたら、看護師の時は「大丈夫ですよ、とりあえずちょっと様子見ましょうか。」って言ってたんですけど、CRCになったらそんなこと言えないじゃないですか。絶対大丈夫だろうけど、大丈夫とは言えないじゃないですか。こういう時何て言えばいいんだろう…って悩みます。
※SMOのCRCは医療的判断ができません

CRCJOB)うん、すごいわかります。家族とか友人に同じこと言われたら「大丈夫だよ」で終わりますけど、CRCだったら「…お薬貰いますか?」ってなるんですよね。

おねいさん)そう!「じゃあ先生に相談しましょうね~」としか言えない。あと前職が病棟看護師だったからなんですど、最初に患者さんから情報をすべてヒアリングできなくても、患者さんは入院してるのでいつでも聞き直しに行けたんですよ。でもCRCは外来患者さんが相手なことも多くあって、そうすると来院したその1回ですべてヒアリングしないといけないんですよね。情報収集できる時間とかやり方が違う。

CRCJOB)うんうん。

おねいさん)新人に戻った感覚でした。
看護師5年やってたので最後のほうは、患者さんの情報収集でミスを指摘されることはなくて、でもCRCになって、診察の前に問診して、医師に伝える前に上司に報告して「患者さんがこうで、こうでこうらしいです」って伝えたら「え、じゃあこれは?これは?これは確認した?」って返されて「・・・・・・確認してきます」ってなったんですよ。あーーーーこのやり取り新人ぶりだー!と思いました。

CRCJOB)CRCとしては新人ですからね~。

おねいさん)そうなんですよ、そこが大変で若干プライドが傷つきました。「自分、情報収集もできないんだ…」って。

CRCJOB)わかります、あと自分がいかに自己完結して生きてきたか実感しませんか?

おねいさん)うん!

CRCJOB)「こういう症状があった、風邪かも」って聞いて、「たしかに風邪だろうな」って思ってそれを上司に報告したら「ん?それはCRCJOBさんの意見?それとも事実?」って聞き返されて、「あ、これは私の意見です」ってそこで気づいてめちゃくちゃ凹みました。

おねいさん)め ちゃ く ちゃ わかります。
20何年生きてきての自己完結もあるんですけど、看護師をやってたからの自己完結もあって。看護師って自分でアセスメントしないといけないんですよ。患者さんにこういう症状がある、だったらこの病気かもしれないと予想を立てて、この処置が発生するかもと準備をしつつ、患者さんの病状を医師に伝えるんですよ。たぶんどこの看護師も同じだと思うんですが。ずっとそういう教育を受けてきているんですよね。なのでCRCになってから、患者さんにこういう症状があるってわかると勝手にアセスメントしちゃってて、きっとこれの副作用できっとこの薬が必要だから、医師に言わなきゃまで全部考えちゃってて。

CRCJOB)は~~~なるほど。

おねいさん)で、それを伝えたら「それは違うよね」って上司に言われて。「そうかもしれないけど(それはおねいさんのアセスメントで、事実とは)違うよね、それを判断するのは医師だよね」って。そこが結構大変でした。看護師の時はひたすらアセスメントしないとやり直しだったのに、CRCは(アセスメントはしても良いけど、報告の仕方としては正しくないので)報告をどうしたら良いのかわからなくなっちゃいました。急に。

CRCJOB)すごい、わかりやすい…。

おねいさん)これツイートしたら、元看護師のCRCさんもめちゃくちゃ共感してくれました。

CRCJOB)そうですよね、そもそもの仕事の目的というか方針が違いますよね。職種が違うので当たり前ではあるんですが、根本的に変えていけないから大変ですよね。

おねいさん)看護師の場合、看護学校から酷い環境(笑)でそうしなければならないって教わってるんですよね。私の場合、学生と社会人で合計9年間看護師の教えに従っているのでで、9年間の慣習をいきなり変えないといけないっていうのは結構きつかったです。

CRCJOB)看護師さんの場合は職歴のチェンジじゃなくて、学歴からのチェンジになるんですね。

おねいさん)そうです。一番辞めたいと思った入社半年の時に「看護大学で高い学費を親に払ってもらって、実習も本当にきつくてそれを乗り越えてやっと手にした資格で、大学病院もつらかったけど5年間やってきたのに本当にこれで良いのか」って自問自答を何回もしました。
CRCになった自分を認めてあげるまで時間がかかりました。

CRCJOB)その葛藤はこちらも察していて、私も4年大学に通って臨床検査技師の資格を手に入れたわけですが、学校に通った結果、私は臨床検査技師になりたくないと思っていたので、まったく後悔はしていないほうが珍しいんだろうなと思います。
資格を取って実際に臨床現場で働いた人たちは、学生時代プラスアルファ臨床現場で尋常じゃない苦労をしているわけで、それを全部捨てて、資格が無くても誰でも出来る職種に就くことになるので最初の面談では必ず確認しています、そこまで考えているかを。

このままCRCを続けるべきか…心が揺れ動いた時期も

おねいさん)転職活動の時はとにかく看護師という仕事と労働環境が嫌で、過去のキャリアとか学歴捨ててもいい!って言葉では言えるんですけど、実際捨ててみたら…すごい…本当に一番大変でした。行動を変えるのも自分と向き合う時間もきつかったです。

CRCJOB)Twitterとかnoteでも揺れ動いてましたよね(笑)

おねいさん)はい(笑)

CRCJOB)辞めちゃうかな~大丈夫かな~って、心配で先輩にも相談してました。心の揺れ動きがそのままTwitterとnoteに出てたんですね。

おねいさん)はい。

CRCJOB)その揺れ動きは、どう乗り越えましたか?

おねいさん)私の場合はアウトプットでストレスを発散するので、それが一番良かったのかなと思います。私に合ってました。ちょうどTwitterでコミュニティもできて、素敵なCRCさんもたくさんいて、こういう楽しみ方もあるんだ!って知ることもできて元看護師のCRCさんたちが「過去は過去、看護師の自分は過去の自分」って働いている姿を見てそれが一番いいんだなと思えました。Twitterで表出しながら乗り越えられたかなと思いますね。

CRCJOB)情報収集と情報発信ですかね。

おねいさん)あとは私の場合は、ちょうど結婚したので彼と今後のキャリアプランを整理した時に、CRCが絶対に良いなっていうのが明らかでそこが見えてきたので、「看護師は過去の自分だと思おう」と割り切れたのが大きかったと思います。

CRCJOB)あの~…旦那さんはキャリアコンサルタントですか?(笑)いつも気になってて(笑)

おねいさん)全然違います(笑)そういう関係の仕事ではないのですが、すごく論理的で客観視してくれる人で、私が仕事辞めたい!と思ってる時も、淡々と気持ちを整理してくれて、じゃあこういうところに困ってるからこうしたらいいんじゃない?って問題抽出してくれて…彼の支えも大きかったと思います。

CRCJOB)良き理解者・相談者がいたってことですね~。

おねいさん)ですね~。使えるものは使ってやるっていうケチな性格なので(笑)CRCJOBさんに連絡してみよう、何か変わるかもしれない」「Twitter始めてみよう、何か変わるかもしれない」って思って行動していました。ちなみに、現職の人事部にも連絡しました。

CRCJOB)大事!!

おねいさん)定期的に人事からの入社後アンケートがあって、毎回悩みを正直に書いてました(笑)少しでも目に留まって電話がきやすいようにだいぶ内容を盛って、おおげさに言うと「死んでしまいそう」みたいな(笑)

CRCJOB)それは人事がびびります(笑)

おねいさん)使えるものは使って、色々な人と話したり聞くことで、自分の考えがまとまっていくと思ったしその結果向いてなければスパッと諦めがつくし、逆に頑張ろうとも思えるだろうしどう転ぶか分かりませんでしたけど何かにはなるなと思って、本当に色々なことしました。実は転職サイトにも登録しました(笑)

CRCJOB)おっと(笑)

おねいさん)2社くらい登録して話を聞いてもらって、でも入社6ヶ月の人なんて動かしたくないじゃないですか。「もう少し頑張ったほうがいいんじゃないですか~」って言われました。

CRCJOB)感情こもってなさそう(笑)

おねいさん)でも、そのやっすいコメントに励まされました(笑)本当に色々やりましたね。

CRCJOB)いや~~~行動力ですね。
こんな行動力ある人あんまりいないです。

おねいさん)いやいや。

CRCJOB)おねいさんって、目の前に壁が出来たら壁を壊すことだけじゃなくて、果たしてこの壁を壊すのは正しいのか、まで考えますよね。

おねいさん)そうですね。

CRCJOB)そこがやっぱすごいんですよね。
向いてると思いますCRC。

おねいさん)ありがとうございます。

CRCJOB)使えるものを全部使おうとか、情報収集する人って本当にすごい。普通だったら「じゃあいいや~めんどくさいし~」ってなりますからね。

おねいさん)ありがとうございます…。

治験のおねいさん・CRCJOB中の人の今後の展望が語られる「対談記事#3」は、近日公開予定です。
≫ 元看護師CRC×元CRC転職コンサル 対談・インタビュー#1
≫ 元看護師CRC×元CRC転職コンサル 対談・インタビュー#3

コロナ禍の折、状況は刻々と変化しています。転職に関する悩みは一人で抱え込まずに、状況を良く知る「CRC専門のキャリアコンサルタント」に相談しましょう!

現在Zoomを活用しての無料Web転職相談を実施中です。密を避けながら、コンサルタントと顔を合わせての相談ができます。まずは簡単な相談からでも構いません。お気軽にご相談ください。

Web転職相談の詳細を見る