CRC(治験コーディネーター)の求人・転職支援サービスのCRCJOB

CRCを目指す人に読んでほしい!元看護師のCRCと元CRCの転職コンサルタント 対談・インタビュー#3

CRCを目指す人に読んでほしい!
元看護師CRCと
元CRC転職コンサル
対談・インタビュー#3

更新

治験のおねいさん
(以下おねいさん)

大学病院病棟看護師5年→治験コーディネーターに転職。
2020年8月からアカウントを作ったにもかかわらず、リアルでユーモアあふれるツイートが人気で、すでにフォロワー約2400人!
「治験」でTwitterアカウント検索すると上位表示される、注目のアカウント。

CRCJOBの中の人
(以下CRCJOB)

新卒からCRCになり、約3年経験後転職エージェントに転職。
CRCの経験を活かしながら日々転職支援を行う、臨床検査技師免許・キャリアコンサルタント免許を持つ、異色の転職エージェント。

コロナをきっかけに、知名度の上がった“治験”という言葉。

その治験を支えるCRCという職種も、某ドラマで取り上げられるなどして(取り上げられ方は不本意であったが)以前より知れ渡るようになり、転職の選択肢に加える人も増えている。

が、大手転職支援サイトの上辺だけの売り文句に騙され、転職を失敗する人や「思ってたのと違った!」と転職後にミスマッチを感じる人は少なくはない。

現CRC(元看護師)と現転職エージェント(元CRC)が、さまざまな視点からCRCのこれまで、今、これからについて話していく対談記事最終回。

将来的には看護業界を変えたい

CRCJOB)最後に2個だけ聞かせてください。まず、今後どうしていきたいかとか、キャリアプランを教えてください。CRCはあと何年で辞めてCRAになりたい~とかでも全然OKです。

おねいさん) …言っていいのかわからないんですが、CRCは別にスペシャリストを目指したいとは思ってなくて、看護師を辞める時から思っていたんですが、医療業界を変えたいです。

CRCJOB)おお!すごい!

おねいさん)看護師の時から看護師の働き方とか教育とか古い考えが気に食わなくて、変えたいな~って漠然と思いながらも、紆余曲折あってCRCになったんですが、CRCになって第三者として看護師を見ていても働きづらさを感じるし、看護師が働きやすくなればCRCも働きやすくなるなとすごい思いました。

CRCJOB)(深い頷き)

おねいさん)なので、看護師の経験とCRCの経験を活かして、何かそういうことをしている企業で働きたいな~とはなんとなく思っています。

CRCJOB)それは医療コンサルティングになるんですかね?

おねいさん)ですかね、それがなんの職種に当てはまるかわからないんですよね。

CRCJOB)あ~でも医療コンサルティングだと病院全体の立て直しになってしまうので、ちょっと違いますかね~。何になるんだろう…。

おねいさん)とりあえず看護業界を変えたくて(笑)

CRCJOB)やっちゃいましょう(笑)

おねいさん)Twitterでもそういう考えの人が多いので、お話しながら模索してます。

CRCJOB)看護師から会社員になった人とか、看護師からCRAになった人とか多いですよね、看護師の働き方をを変えたい!って行動する方。

おねいさん)今の看護師の“普通”を普通じゃなくしたいんですよね。

CRCJOB)なるほど。そうしたら、一から病院を建てて看護師の理想の働き方ができる環境を作ってみるのはどうでしょう。

おねいさん)モデル病院をつくるってことですね。

CRCJOB)そうです!で、そこの病院には看護師の応募が殺到して、誰も辞めないし、売り上げも黒字だしほらこうすると良いのよ!って見せつける。

おねいさん)なるほど。それもありですね。手段はまだわからないんですけど、何をするにしても企業の経験が必要だと思うし、CRCで色々学びたいです。でもCRCも変えたほうが良い事あるんですよね、アナログなところとか(笑)

CRCJOB)たしかに無駄な書類は多いですね(笑)

おねいさん)そういう医療業界の無駄なところを無くして、その分の時間を患者さんに使いたいです。

CRCJOB)壮大だ…。

おねいさん)壮大なので叶わない可能性が高いです(笑)夢物語です(笑)まずはCRCとして1人前になって使える能力を増やして、道を模索したいです。

今からCRCを目指す人へ

CRCJOB)では最後にCRCを目指す人、中途でも新卒でも学生でもいいんですがその人たちに何てアドバイスしたいですか?

おねいさん)アドバイス…アドバイスをするなら…
うーん…難しいですね。

CRCJOB)ですよね、この人にはこのアドバイスって細分化しても良いですよ。

おねいさん)うーん…。看護師さんに向けてなら、「夜勤 やりたくない 求人」で調べると絶対CRCが出てくるんですけど、それだけで決めないほうがいいよって言いたいです。

CRCJOB)間違いない。

おねいさん)「産業保健師」「クリニック」の求人も出てくるんですけど、その中でも「CRCはとても働きやすい!」って書いてあることが多くて。

CRCJOB)あれは嘘ですよね、ほんとひどい宣伝の仕方です。

おねいさん)たしかに看護師よりかは働きやすいですけど、
それだけでは絶対決めないほうが良いよって言いたい。

CRCJOB)太字の目立つフォントにしておきます(笑)

おねいさん)あと、看護師向けのエージェントにも言いたい。そんな理由でCRCを紹介するなと。

CRCJOB)(拍手)本当にそう、それはCRCから転職エージェントになった私も思います。

おねいさん)看護師のキャリアを何だと思ってるんだ、と強く言いたい。

CRCJOB)もはや、人の人生なんだと思ってるんだって感じですよね。

おねいさん)そう、そこは強く言いたい。

CRCJOB)それを言うと私は転職業界を変えたいかもしれません。

おねいさん)お!

CRCJOB)CRCのことが分かってないくせに、テキトーに紹介して金の道具にして、求職者の人生ぶち壊すやつは全員滅びてしまえ!と思ってます。

おねいさん)看護師は疲れている状態で求人を探すことが多いので、そこに「CRCあるよ~」って言われたら、CRC!ってなっちゃうんですよね。

CRCJOB)疲れてるから判断能力がね、落ちてますもんね。

おねいさん)そう。だからわかるんですけど、でもどんな仕事でも大変なことがあるんだよって伝えたい。

CRCJOB)1回冷静になって情報収集してから動こうねってことですね。

おねいさん)あと医療系の資格を持っている人全員に伝えたいのは、その資格で出来る仕事を手放して、自分も(人によっては学費を出してくれた親も)本当に大丈夫?良いんですか?ってよく考えてほしいってことです。

CRCJOB)うんうん。

おねいさん)親は特に言ってくると思います、私はそうでした。

CRCJOB)絶対言いますね、私は泣かれました(笑)
私、最初はもっとやばい仕事に就きたくて、舞台製作関連なんですが。就業環境はCRCと比べるのも申し訳ないくらい劣悪なんです。4年間学費出して、期待したのに全く別の仕事やりたいって言われたら、そりゃ泣きますよね(笑)今ならわかります。

おねいさん)うんうん。

CRCJOB)で、そこで色々調べて考えて、だったらCRCになってやるって、意地みたいな感じで内定勝ち取りました(笑)そうしたら納得してくれましたね。仕事内容も真っ当だし、企業も大きいところだったので。そこの親との交渉も自分でしないといけないので、目指すのはそれができてからですよね。

おねいさん)本当にそうですね。テキトーな思いで活動しないほうが良いよって伝えたいです。

CRCJOB)就活生にも言えますね。
本当に臨床出なくて良いの?って。

おねいさん)うん、よく考えて行動してほしいです。

CRCJOB)CRCJOBに登録してくださる方の大半は、看護師の経験活かして日勤のみで働きたいって理由の人で、別に転職のきっかけはそれでも良いんですけど、それだけじゃCRCは続かないし、そもそも内定はもらえないので「だったら日勤のみの看護師の仕事もあるし、産業保健師とかもありますよ」「そっちは考えないんですか?」って聞くんですよね。そうすると答えは返ってこなくて、「ちょっと考えてみましょうか」ってなるんですよね。

おねいさん)うん、なりそう。

CRCJOB)待遇面が魅力的だから、新薬開発に携わりたいから、だけじゃなくて1歩踏み込んだちゃんとした理由があれば「よし!転職活動始めましょう、全力でサポートしますよ」ってなるんですよね。

おねいさん)そうですよね、せめて病院を離れたい理由、そしてそれが誰もが納得できる理由を考えておく必要がありますよね。

CRCJOB)その通りです。

3回にわたり、お読みいただきありがとうございました。

ぶっちゃけトークも多く、驚かれた人も多いかと思いますが、これからCRCになる人、なりたい人、そして今CRCの人に何かプラスになれば幸いです。

これまでの対談で気になったことがあれば、
CRCJOBまでお問い合わせください!
ご転職の相談もお待ちしております。

≫ 元看護師CRC×元CRC転職コンサル 対談・インタビュー#1 ≫ 元看護師CRC×元CRC転職コンサル 対談・インタビュー#2

コロナ禍の折、状況は刻々と変化しています。転職に関する悩みは一人で抱え込まずに、状況を良く知る「CRC専門のキャリアコンサルタント」に相談しましょう!

現在Zoomを活用しての無料Web転職相談を実施中です。密を避けながら、コンサルタントと顔を合わせての相談ができます。まずは簡単な相談からでも構いません。お気軽にご相談ください。

Web転職相談の詳細を見る