CRC(治験コーディネーター)の求人・転職支援サービスのCRCJOB

CRCへの転職を希望する薬剤師からよくある質問

薬剤師がCRCへ転職 Q&A(よくある質問)

CRCへの転職を希望する薬剤師からよくある質問

薬剤師からよくある質問(Q&A)

Q1)薬剤師が活かせる経験や知識とはどのようなものでしょうか

薬知識が活かせます。

薬が出来るまでの流れ、薬価、健康被害が生じた際の補償など、薬に関する知識はCRCをする上で欠かせません。
被験者に説明することもあれば、医師、スタッフへ説明することもあります。

服薬指導経験が活かせます。

治験薬にも服薬方法、服薬ルールがあります。
なぜその方法で飲まなければならないのか、きちんと説明ができることで説得力が高まり、被験者の脱落を防ぐことができます。

疑義照会経験が活かせます。

CRC不在時に被験者が来院し、医師が薬を処方していればなぜこの薬を処方したのか等医師へ疑義照会を行うことがあります。
医師への問い合わせ時は言葉遣いや聞き方など気を付ける必要があるので、疑義照会経験のある薬剤師には安心して仕事が任せられます。

Q2)調剤薬局のみの経験でも応募可能でしょうか

可能です。
ですがSMOによっては「医療機関での薬剤師経験のみ」と応募条件を厳しく設けていることもあります。
気になる求人、応募したい求人があれば、まずはご相談ください。

Q3)CRCに転職して良かった点はなんですか

薬剤師として働いていたら絶対にかかわることのない、世に出回る前の治験薬を取り扱うことができるのが一番の魅力です。
また、病院薬剤師であれば、夜勤がなくなり、1人で不安な時に色々な薬について質問攻めにされることはなくなります。
治験でも医師から質問はされますが、答えは全てプロトコールに記載されていますし、不安な時は担当CRAに確認することができます。
また、言い方が悪いですが、責任が軽くなるため、精神的負担も減ります。
薬剤師がもし間違って薬を処方してしまったとしても、誰も気づくことなく患者に届いてしまうため、かなり責任重大。
その責任重大な仕事を1日に何百件とこなす精神的負担は尋常ではないでしょう。
その点CRCは、医療行為ができません。(薬の処方もできません。)
処方数をダブルチェックすることはありますが、薬は医師が用意しますので、責任は軽くなります。1日に対応する件数も多くて10件程度です。

Q4)CRCに転職して後悔した点はなんですか

給与が下がる傾向があります。
病院、クリニックなどの医療機関や調剤薬局、ドラッグストアなどにお勤めの薬剤師の方は給与水準が比較的高めです。
CRCは医療資格による給与優遇はない為、一般の薬剤師の方の給与水準と比較するとスタート時点では下がる傾向が高くなります。
また、今までは病院薬剤師として病院職員の一員として働いてきたのに、CRCになったら部外者扱い=業者扱いになり、自分の価値が下がったように感じることもあるでしょう。
あとは外部とのメールのやりとりが増え、ビジネスマナーに気を付けなければならない煩わしさがあったり、事務作業や雑務の割合が増えるので、薬剤師の時とはまた違う忙しさがあります。

Q5)CRCに転職してやりがいを感じるところはどこですか

薬剤師として働いていたら既存薬しか取り扱いませんが、CRCになれば世に出回る前の薬=治験薬を取り扱うことができるやりがいがあります。
また、その治験薬を使用している被験者の状態や、薬の効果も追うことができるのもCRCならではです。
※プラセボ試験、ブラインド試験を除く。

Q6)薬剤師とCRC、役割の違いは何ですか?

薬剤師は処方せんに基づく調剤(医薬品の説明と手渡し)の他、複数の医療機関から処方されている薬や市販薬との相互作用のチェック、服薬指導、薬に関連する情報を提供するのが役割ですが、CRCは被験者に対して、プロトコールを順守して治験に参加するよう指導するのが役割です。
調剤はできません。
また、プロトコールを逸脱した服薬指導もできません。全て医師が行います。
薬剤師は薬に関してだけフォローをしますが、CRCは薬に限らず、治験に関すること全て(検査や書類作成など)をフォローし、まるで医師の秘書のように、治験を円滑に進めるので、そこが薬剤師との大きな違いと言えます。

CRC/CRAへの転職にとても興味がある方へ

治験業界専門の実績豊富なアドバイザーが無料で相談に乗ります。転職成功で3万円のお祝い金アリ!どうぞお気軽にお申し込みください。
【申込特典】元CRCの転職アドバイザーによる、CRCの事が良く分かるセミナー動画を希望者全員にプレゼント!

【無料】転職サポートに申し込む

CRCの事を知りたいなら
『CRCJOB通信』がオススメ!

  • CRCの事を、無理なく自然と理解できる!
  • 新着求人や、最新のCRCへの転職成功事例が分かる!
  • 現職に留まるべきか、CRCに転職すべきか、その答えが見つかる!
希少な「CRC×転職」の専門メールマガジン

併せて読みたい記事や情報

ページのトップへ