治験コーディネーター(CRC)の求人や転職情報なら、CRCJOB

治験コーディネーター(CRC)とは?

治験コーディネーター(CRC)とは

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容

width="150"

治験コーディネーター(crc)の主な仕事内容は病院やクリニックといった医療機関へ訪問して、GCP(治験を実施する際に遵守すべき基準)を守って、適切に治験が行われるように各部署を調整し、治験を円滑に進める役割を担います。治験コーディネーター(CRC)は治験が開始前から終了時まで幅広く携わります。ここでは、治験コーディネーター(CRC)の仕事内容を詳しく解説しております。

CRCの仕事内容

治験コーディネーター(CRC)1日と1週間

width="150"

治験コーディネーター(CRC)の業務は、治験実施の準備にはじまり、被験者のリクルーティングや被験者対応、医師・スタッフへの伝達、臨床開発モニター(CRA)対応など多岐に渡ります。また出向型のSMO企業に所属しますと担当する施設が複数になるケースもございます。ここでは、SMO企業に所属する治験コーディネーター(CRC)の1日と1週間の仕事の流れについて詳しく解説しております。

CRCの1日と1週間の仕事の流れ

治験コーディネーター(CRC)の仕事の性質

width="150"

治験コーディネーター(CRC)はSMO企業に所属して働くケースのほうが多いと思います。SMOに所属する治験コーディネーター(CRC)は大きくいってしまうと営業職の仕事に近いと思います。その理由を含めて、治験コーディネーター(CRC)の仕事内容の本質について詳しく解説しております。これから治験コーディネーター(CRC)を目指す方がミスマッチを防ぐためにも是非、ご一読ください。

CRCの性質

治験コーディネーター(CRC)の給与と年収

width="150"

治験コーディネーター(CRC)へ転職する際、主にSMO企業への転職が中心となります。今回はSMO企業に転職したときに配属となる勤務先がやはり気になるのではないでしょうか。このページではSMO企業に転職した際に配属先事情についてを解説しております。

CRCの給与と年収

治験コーディネーター(CRC)の働く場所

width="150"

治験コーディネーター(CRC)へ転職される際、大体の給与相場をエリア別にて、月収と年収ベースそれぞれ分けて解説しております。治験コーディネーター(CRC)へ未経験から転職する際に年収相場というものは大体決まっております。そこで、ここでは各エリア別による治験コーディネーター(CRC)の月収と年収相場も交えて解説しております。

治験コーディネーター(CRC)の働く場所

治験コーディネーター(CRC)になるには

width="150"

治験コーディネーター(CRC)になるには、新卒としてSMO企業に入社する。もしくは、臨床経験を積んでから転職することが挙げられます。それぞれの方法について、詳しく解説しております。

治験コーディネーター(CRC)になるには

臨床開発モニターと治験コーディネーターの違い

width="150"

治験コーディネーターと臨床開発モニターの違いについて解説します。治験業界への転職を検討される際、治験コーディネーターと臨床開発モニターが混同していらっしゃる方を見かけることがございます。それぞれの職業の特徴から違いについて解説しております。

臨床開発モニターと治験コーディネーターの違い

院内CRCとSMOのCRCの違い

width="150"

治験コーディネーター(CRC)の所属する組織、雇用される形態として2パターンあります。ひとつは病院などの医療機関に直接雇用される方法。もうひとつは、SMOと呼ばれる治験を受託支援会社に所属する2つの形式です。それぞれの特徴について、詳しく解説しております。

院内CRCとSMOのCRCの違い

CRCの離職率について

width="150"

CRCの離職率について、実際のところどの程度なのか。なぜ退職するのか。ということをお伝えしております。離職率が気になる場合はこちらのページをご参照ください。

CRCの離職率

GCPとは?CRCが関わる部分も含めて紹介

width="150"

GCPとは治験に関わる法律のことを言います。では、このGCPについて、治験コーディネーターへ転職するにあたり、どこまで事前に覚えておけばよいのでしょうか。治験コーディネーターが関わる部分も含めて、GCPについて解説しております。

GCPとは?CRCが関わる部分も含めて紹介

治験用語集

width="150"

治験を実施していく上で、必要な略語や用語の説明を掲載しています。治験業界に携わっている方にとってはごく当たり前ですが、これから目指そうとしている業界外の人にとっては未知の言葉です。治験業界への転職にとって、覚えておきたい用語をはじめ、治験に関する主だった専門用語を集めてみましたので、治験業界への転職活動の準備に活用ください。

治験用語集

治験コーディネーターが活かせる資格

width="150"

CRCになるためには資格は必要ありません。<これは誰でもなることができるという利点ですが、その反面、最低限のボーダーラインがないためCRCという職種の仕事の質が保ちにくいという欠点もあります。

そこで、CRCの質を保つため、知識と技術の証明のために各学会や業界団体が独自の認定制度について、ご紹介します。

治験コーディネーターが活かせる資格

治験とは?

width="150"

治験コーディネーター(CRC)になるためにはまず「治験」について理解しておく必要があります。治験とは医薬品の承認のために必要なデータを揃える試験のことを言います。具体的には製薬メーカーが開発した新薬を患者や健康な人に使用してもらい、データを収集して厚生労働省から薬として、有効性や安全性を確認し、承認をもらう為の試験のことです。ここでは、治験コーディネーター(CRC)を目指すうえで必要な治験について詳しく記載しております。

治験とは?

【無料】転職サポートに申し込む
  • 年内入職応援キャンペーン実施中!
  • 最新の転職成功事例、書類・面接対策 CRCJOB通信

公式SNS

CRCJOB公式facebook
CRCJOB公式twitter

万全の個人情報管理

プライバシーマーク

治験コーディネーターがわかる資料をプレゼント!×

「治験コーディネーターについてもっと詳しく知りたい!」

「私が治験コーディネーターになった場合どんなメリット・デメリットがあるの?」

そんなことを考えているあなたに、CRCJOBでしか手に入らないプレゼント”のご案内です。

CRCJOBの求人応募もしくは転職支援にお申し込みを頂いた方全員に、”CRC丸わかり資料”をプレゼントしております。

こちらの資料は、治験コーディネーターについて、”看護師”・”臨床検査技師”・”管理栄養士”・”臨床心理士”・”薬剤師”・”MR”など、資格別にわかりやすく解説している資料となります。

主な内容は、

・治験コーディネーターの仕事内容から1日・1週間の流れ

・治験コーディネーターとして働く上でのメリット・デメリット(医療資格別)

・治験コーディネーターとして求められる知識・たしなみ

そのほか、いろいろな治験コーディネーターに関する情報盛りだくさんの資料となっています。

もちろん資料を呼んでわからない部分があれば、CRCJOBのキャリアコンサルタントが、お電話もしくはメールにて”徹底的に解説”いたしますので、治験コーディネーターへの理解を深めることが出来ます。

また、「資料を読むのはちょっと面倒…」という方に朗報!

CRCJOBで行った”キャリアコンサルタントが語る治験コーディネーターの転職説明会”と”大手SMO企業人事担当者が語るCRCの仕事内容”の動画も同時にプレゼントしております。

キャリアコンサルタントが語る治験コーディネーターの転職説明会”の動画はCRCJOBのキャリアコンサルタントが治験コーディネーターの仕事内容・SMO企業について・入社後の待遇等を詳しく解説しております。

大手SMO企業人事担当者が語るCRCの仕事内容”の動画は大手SMO企業とCRCJOBの信頼関係から実現した転職説明会の動画です。

治験コーディネーターの詳しい説明に加え、大手SEO企業の人事担当しか知り得ない、治験コーディネーターの裏話も聞ける、非常に貴重な動画になっております。

これらの動画を観るだけで、治験コーディネーターへの理解をより深めることができ、治験コーディネーターへ挑戦するかどうかの判断がしやすくなります。

「もう少し具体的に治験コーディネーターについて知りたい」「治験コーディネーターについて気になる」というお気持ちがございましたら、ぜひCRCJOBの転職サポートにお申込みくださいね。