CRC(治験コーディネーター)の求人・転職支援サービスのCRCJOB

CRCのやりがい

現在のあなたの職業は何でしょうか?看護師?検査技師?薬剤師?それ以外でしょうか。
今一つ自分にしっくりこないように思うという方もいらっしゃると思います。
その原因が、もう少し自分の裁量で仕事をできないのかというのでしたら、CRCという仕事に向いているかもしれません。

CRCは、担当施設で治験実施の支援をする仕事です。
治験実施には色々と決まりはありますが、自分の判断で調整できる部分あります。
以下にそれらのことを書いていきます。

もくじ

気になる!CRCのやりがいを3つご紹介

  1. 新薬開発の現場に立ち会える:治験デザインは様々ですが、新薬を使用した患者さんの症状が良くなるという現場に立ち会えます。
  2. 仕事の目標が明確:治験は製薬会社と契約し、その際施設で実施する症例数を決めます。この症例数を達成するために施設の医師・スタッフと協力していくのです。自身の調整により症例達成できた時は達成感があります。
  3. 患者さんと近い:治験中CRCは患者さんに一番近い存在になり、その方の環境等に合わせて治験スケジュールを管理することは大変ですが、一つのやりがいとなります。

CRCのやりがいは新薬開発に携われること

治験というのは治療を兼ねた試験という意味です。
新薬を開発段階には、非臨床試験(試験管内での実験→動物実験)と臨床試験(人を対象とした試験)があります。
臨床試験も最初は健康な人を対象とし次に実際にその薬の適応となる患者さんを対象にした試験という順番に実施されます。
この最後の段階が病院やクリニックで行われる治験です。

治験が無事に終了すれば、新薬となり処方されるようになります。
臨床試験では、薬剤の使用量等を模索し最終的には安全性を確認していきますが、何といっても患者さんに実際に使用した効果を承認前に見られるというのは、勉強にもなりますし感動することさえあります。
(※治験デザインによってはプラセボ(偽薬)投与の患者さんもいます。)

新薬開発に携われるということは・・

治験の最終目標は、治験薬に対して厚生労働省から承認をしてもらう事です。
そのため患者さんにスケジュールとおりに来院していただき、決められた検査や評価を行いデータ集積していきます。
検査・評価は医療行為にあたるのでCRCは出来ませんが、日常診療で多忙なスタッフに注意事項を説明する等して正確なデータが取れるようにしていきます。
そのデータこそが新薬承認のための一番重要なものとなります。
更にデータは治験計画の決まりに沿って正確に採取されたものかという事にも重点が置かれますから、そこにCRCの技量が生かされます。
新薬を待っている患者さんはたくさんいます。
これまでの薬と似た新薬もありますが、そういう場合も使用薬剤の選択肢が増えることは重要なことです。
新薬承認に関わるということは大変な社会貢献です。

病院で働いていると承認された薬剤にしか関わりませんが、先々出てくる薬に関われることは大変勉強になりますし、治験薬が承認されたときには苦労が報われる気持ちになります。

意外と患者様と近い立ち位置で仕事ができる

治験に参加された方は決められたスケジュールで来院し検査等を受けていただかなくてはなりません。
患者様の環境や年齢層は様々です。それぞれの事情に合わせて相談しながら治験を進めるのがCRCです。
もともとその病院に通院されていた方でも、治験中はCRCとのやり取りが一番多くなります。
また、新薬という事で不安を感じられる方もいますので、安心していただけるように説明するのも大事な役割ですし、ここにもCRCのやり甲斐があります。

CRCの魅力はやはり年収?それとも夜勤がないこと?

CRC業務に基本的に夜勤はありません。
治験スケジュールを管理するために様々な調整をしていきます。
全てCRCの自由になるわけではないのですが、経験を積むことで調整がうまくなり、施設やCRC自身の負担を少なくしていけます。
給与ですが、それぞれのSMOによって異なりますが、初任給は国公立(それに準ずる)病院とクリニックの中間くらいです。

CRCの収入はどれくらいなの?年収UPモデルケース

初任給はだいたい手取りで20万円前半という事が多いです。
前職が国公立(それに準ずる)病院だった人には安く感じられるかもしれません。
しかし経験を積み実績を上げれば、年次昇給の他にもプラスする可能性はあります。
製薬会社で”年間CRCアワード“という賞を出しているところもあるのですが、該当した場合には会社からも特別ボーナスが出たりします。
早い人では3年くらいで主任になります。そうすると5万位は給与がアップします。5~10年の経験で課長になった場合10万円位アップします。

CRCの仕事で夜勤がないってホント?その理由と併せて解説

基本的に夜勤はありません。
なぜなら、CRCが業務を行うのは病院内で、治験を実施する医師がいる時間帯だからです。
ただし、最近クリニック等で夜間20:00頃まで診察しているところもありますので、その場合は診療終了まで対応しなくてはいけないこともあります。
ただし、会社でフレックスを導入していれば、出勤時間をずらすこともできます。

※例外的に第1相試験で(施設で行う治験の前に健常人治験)を担当する場合には夜間対応をすることもありますが、男性職員が対応することが多いです。第1相試験でも日中対応だけの事もあります。
治験が急性期の重篤なもの(脳梗塞発症後に治験薬を投与など)では、オンコールで対応することもあります。

CRCは自分の裁量で仕事ができるってどういうこと?

治験は製薬会社が治験計画書を作成し、その内容に従って実施しますが、病院の規模によって実際どのように進めていくかという事はCRCの裁量にかかっています。
病院スタッフは治験実施計画書を知らない事が殆どですので、(医師も細かい部分までは知らないことが多い)CRCの裁量で進めていくことが殆どとなります。
CRCの仕事は、担当施設と担当患者様対応によって多忙な日もあれば、そうでない日もあり、1日の時間帯によっても変わってきますのが、他の予定と合わせて調整できる部分もあります。
担当施設によりますが、日曜診療はないことが殆どですので、確実に休みが取れます。

CRCへ転職するメリット5つご紹介

  • 病院で実施しているような夜勤がない。
  • 前職に比べると初任給が低い場合があるが、経験と実績が認められればどんどんアップする可能性がある。
  • 自分の裁量で治験を進めていくことでやり甲斐を感じられ、時間管理も自分でできることが多い。
  • 施設の医師・スタッフとの人間関係ができる。治験の血液検査などを担当する検査会社担当者等とにも知り合いが出来る。
  • 病院等の職員の時とは違い、製薬会社職員とのやり取りが多くなるので、確実にビジネスマナーが付く。

これまでに説明していない、最後の2点について次に記載いたします。

CRCとして働くと交流関係が広がるのはなぜ?

CRCは実施する治験のあらゆる調整をします。
病院内では、医師・看護師・検査技師・薬剤師・事務職員、それ以外では製薬会社の担当者・外注検査会社職員・・・・。
治験によって変わりますが、多数の関係者に関わることになります。
関係者とかかわるのは最初不安に感じるかもしれませんが、調整役としての力が認められれば、気軽に相談されることも多くなり、CRC自身も仕事がしやすくなっていきます。
治験薬や治験デザイン等についての勉強は必須ですが、疑問等を製薬会社担当者に問い合わせることも多いです。それによってお互いに話しやすくなっていきます。
このような様々な方たちとのつながりを機会に自分のスキルアップにつなげていくことが出来ます。

CRCとして働くとビジネスマナーや事務スキルが上がる理由とは?

私はCRCになる前に看護師をしていました。
看護師は自分の職場でビジネスメールを書くことはありませんし名刺交換もしません。
製薬会社や機器会社の方が来ても日常業務と変わりない言葉使いで対応していました。
それがCRCになり、社外の方との対応が必須となりました。
その際一番参考になったのは先輩CRCと製薬会社の治験担当者でした。
入社した時の研修で、ビジネスメールや名刺交換については教わりましたが、実際の対応の仕方を見てそれを真似しました。
病院職員や製薬会社担当者と良い関係を持つことが出来てかなり話しやすくなったとしても、基本は契約の上で成り立っている関係という事を忘れずに、場面に応じたマナーを忘れないことが大切です。

まとめ

新薬開発に関わること、そしてそれを滞りなく完遂するという事での達成感は大変大きいものです。
実際に患者様はじめ他業種と関わり、治験実施の現場に身を置くことは苦労もありますが勉強となることも多く、治験業務だけではなくビジネスマナーをはじめとして社会勉強もできます。
基本的に夜勤はないので、時間の使い方によってプライベートを充実することも出来ます。
仕事の実績を積めば給与アップできますし、CRCに興味があるのならば転職で得られるメリットはたくさんあります。

※この記事はSMOで10年以上働いている現役CRCの方が書いています

CRC/CRAへの転職にとても興味がある方へ

治験業界専門の実績豊富なアドバイザーが無料で相談に乗ります。転職成功で3万円のお祝い金アリ!どうぞお気軽にお申し込みください。
【申込特典】元CRCの転職アドバイザーによる、CRCの事が良く分かるセミナー動画を希望者全員にプレゼント!

【無料】転職サポートに申し込む

CRCの事を知りたいなら
『CRCJOB通信』がオススメ!

  • CRCの事を、無理なく自然と理解できる!
  • 新着求人や、最新のCRCへの転職成功事例が分かる!
  • 現職に留まるべきか、CRCに転職すべきか、その答えが見つかる!
希少な「CRC×転職」の専門メールマガジン

ページのトップへ