CRC(治験コーディネーター)の求人・転職支援サービスのCRCJOB採用担当の方はこちら

CRCを目指す方必見!志望動機を作成するコツ

CRCを目指す方必見!志望動機作成のコツ

転職活動をする上で必須となる履歴書の志望動機。書類選考をする上での唯一の判断基準となる履歴書でチェックされるポイントの一つです。
CRC(治験コーディネーター)に特化した志望動機の「コツ」を抑えた上で、熱意が伝わるような文章を作成しましょう。




■文字数:200~400字程度
(これはNG!)
    • 100字以下:少なすぎると志望意欲がないと見られてしまいます。
    • 400字以上:読み手側が負担になってしまいます。言い回しなど、見直しましょう。
    ■構成内容
    • 治験コーディネーターや治験業界に関心を持った理由を書きます。
    • これまでの就業経験からCRCに活かせることはなにかということを具体的に書きます。
    • できるようであれば、応募される会社を志望した理由や将来の目標像も書かれるとよいでしょう。

もくじ

治験や治験コーディネーターに関心を持った理由

志望動機を書き始めるにあたり、まず、「なぜ治験業界や治験コーディネーターに興味をもったのか」ということを志望動機で述べましょう。

なぜ、治験や治験コーディネーターに興味を持たれたのかということは、企業側もとても気にしております。また、面接でも、基本的に質問されるため、ここは改めて、考えてみてください。

治験コーディネーターを志望される多くの方は、学生時代、または、臨床現場で働くうえで治験という存在を知ったようです。

治験とは、新しく開発された薬を人での有効性や安全性について調べることを言います。そのため、基本的には、薬や薬の開発に興味をもった理由やエピソードを述べるとよいでしょう。

治験に興味をもった理由やエピソードのサンプルをご紹介します。

サンプル1

現職の臨床現場において、処方薬を変更することは患者様の心身に多大な影響を与えることを日々目の当たりにすることが多かったことから薬への関心をもつようになり、新薬の開発に携わりたいと考えるようになりました。

サンプル2

現職の臨床現場において、難病で苦しんでいる患者さんに対し、新薬が投与される機会を目の当たりにし、機会薬剤で症状が改善し、患者様が楽になられる姿を見て、初めて薬剤に関心を持ち、新薬の開発に携わりたいと考えるようになりました。


治験コーディネーターに興味を持たれた理由を述べるときは、まず、治験に対して興味をもったきっかけを述べてからのほうがわかりやすい内容になります。

治験コーディネーターに興味をもった理由は、職業の役割や仕事内容から興味を持たれた理由を述べやすいです。

職業の役割については、治験コーディネーターが存在する理由から考えると述べやすいと思います。治験コーディネーターは様々な医療従事者との調整を行い、治験を円滑に進める役割です。この職業が存在しなければ、治験はどうなるのか、ということを考えてみるといいかもしれません。

仕事内容から興味をもった理由を述べるときは、現職の経験を活かしやすいと思ったから。でも構いません。ただし、現職の経験がどう活かしやすいと考えたのか、ということを具体的に述べる必要がございます。

こちらは、次の項目にある「これまでの就業経験からCRCに活かせること」にて、詳しく説明をします。

これまでの就業経験からCRCに活かせること

これまでの就業経験から治験コーディネーターにて活かせることですが、これを述べるためには、まず治験コーディネーターの仕事内容を理解していないと説明することは難しいです。

治験コーディネーターの仕事内容は、以下のリンクをご参考ください。

治験コーディネーターの仕事内容

治験コーディネーターの仕事内容が臨床経験を活かせることでひとつ例を挙げますと、臨床経験をお持ちであれば、カルテの判読はおそらくできると思います。このカルテ判読も治験コーディネーターの仕事を進めるうえで活かせる経験のひとつになります。

治験を進めるにあたり、治験に参加される患者さんもカルテ管理はされます。このカルテが読めないと、そもそも治験を円滑に進めることは難しいです。

そのため、カルテの判読経験も立派なアピール内容になってきます。

ただ、カルテの判読のみを推すのもアピールとしては、少し弱いかもしれません。

ご参考までに、これまでの臨床経験から活かせることをご紹介致します。

  • 患者様との指導や信頼関係構築
  • 医師や医療従事者との信頼関係構築
  • カルテ判読経験
  • 検査値の判読
  • 入退院のサポートや医師とのスケジュール調整
  • 相手の表情・言動・行動の変化を読み取る観察力
  • 看護研究のデータ収集・分析
  • 業務上のコミュニケーション全般
  • プレゼンスキル、資料作成スキル
  • 基本的なビジネスマナー
  • PCスキル(Word、Excel、PowerPoint)

他にもあるかと思いますが、まずは、上記の経験からなぜCRCに活かすことができるのか、ということを具体的に言語化してみると、具体的な説明がしやすいかと思います。

ご自身の経験棚卸と仕事理解を兼ねて、ぜひ一度、やってみてください。

応募される会社を志望した理由や将来の目標像

最後に応募される会社の志望動機についてですが、これは、ないよりあったほうがよいでしょう。ただ、応募する会社によっては、履歴書の志望動機には求めないケースのほうが多いです。

とはいえ、一部の企業では、会社に対する志望動機を含めた履歴書を提出というところもございますので、会社に対する志望動機の書き方について、お伝えしていきます。

会社に対する志望動機は、応募者が一番苦労されるところでもあります。各社特徴もなくはないのですが、ありきたりな特徴ということもあり、他の会社との差別化も難しいところです。

そこで、CRCJOBが一押しする述べ方ですが、将来の目標像と絡めた説明をされるということになります。

将来の目標像と絡めて、会社に対する志望理由を説明すると納得のいく志望動機に出来上がります。

まず、将来の目標像ですが、目指す治験コーディネーター像になります。どのような治験コーディネーターになりたいのか。というやつですね。

たとえばですが、将来はがん領域など難しい治験にも対応できる治験コーディネーターになりたい。という場合。

SMO業界最大手のEP綜合はがん領域の治験も盛んに受託しております。もちろん、EP綜合以外にもSMO業界大手であれば、がん領域の治験に携わることはできます。

しかし、会社のホームページを見て頂くとお判りになりますが、EP綜合社はがん領域の治験や研修も他社より厚くPRしております。

そのため、以下のような志望動機を書くことができます。

  • ホームページを拝見し、特にがん領域の治験を積極的に受託しているように思いました。私も詳細はがん領域をはじめ、難易度の高い治験に対応できる治験コーディネーターになりたいと考えております。貴社であれば、私の目指す治験コーディネーターになれる環境が整っていると感じ、志望致しました。

このように、会社の特徴を踏まえて、ご自身の目指す治験コーディネーター像と照らし合わせながら、述べられると、会社に対する志望動機と将来の目標をセットで伝えることができます。

各社の特徴は以下のURLを参考ください。

大手SMO企業の特徴

まとめ

治験コーディネーターへの応募の際に「志望動機」は重要な選考ポイントです。 過去、書類選考でお見送りになった理由として、「志望動機が曖昧だった為」ということがありましたので、以下の構成を抑えて準備をしていきましょう。

■文字数と構成内容
  • 文字数は200~400文字程度。
  • 治験コーディネーターや治験業界に関心を持った理由を書きます。
  • これまでの就業経験からCRCに活かせることはなにかということを具体的に書きます。
  • できるようであれば、応募される会社を志望した理由や将来の目標像も書きましょう。

各資格別の見本は以下をご参考ください

作成していく中でご不明な点が出てまいりましたら、治験業界専任のコンサルタントがお手伝いさせていただきます。 ぜひ、ご相談ください。

CRC/CRAへの転職にとても興味がある方へ

治験業界専門の実績豊富なアドバイザーが無料で相談に乗ります。どうぞお気軽にお申し込みください。
【申込特典】元CRCの転職アドバイザーによる、CRCの事が良く分かるセミナー動画を希望者全員にプレゼント!

【無料】応募書類について相談する

CRCの事を知りたいなら
『CRCJOB通信』がオススメ!

  • CRCの事を、無理なく自然と理解できる!
  • 新着求人や、最新のCRCへの転職成功事例が分かる!
  • 現職に留まるべきか、CRCに転職すべきか、その答えが見つかる!
希少な「CRC×転職」の専門メールマガジン

併せて読みたい記事や情報

コロナ禍の折、状況は刻々と変化しています。転職に関する悩みは一人で抱え込まずに、状況を良く知る「CRC専門のキャリアコンサルタント」に相談しましょう!

現在Zoomを活用しての無料Web転職相談を実施中です。密を避けながら、コンサルタントと顔を合わせての相談ができます。まずは簡単な相談からでも構いません。お気軽にご相談ください。

Web転職相談の詳細を見る